観光タクシーのさまざまな活用シーン

観光タクシーのさまざまな活用シーン 観光タクシーというと観光目的以外には使えないように思われがちですが、旅行や観光など1日単位の利用だけでなく、送迎など短時間の移動にも使えます。小型、中型タクシーはもちろん、車両上部の看板がないハイヤータイプやワゴン型タクシー、車いすのまま乗車できる福祉車両など車種も豊富なので、10名未満の移動手段として、さまざまなシーンで活用できます。

観光タクシーの活用法として真っ先に挙げられるのは、やはり観光、旅行の場面でしょう。目的地まで飛行機や電車を利用する場合でも、旅先で訪れたい場所を効率的に回るためにレンタカーを利用することも多いですが、慣れない旅先での運転はストレスがたまるものです。せっかくの旅行が、運転のために楽しめないとあっては台無しですが、かと言って、現地でタクシーを頼むのでは、どんなドライバーにあたるか不安ですし、メーター制の料金は事前にいくらかかるか分からないため不安があります。

そんなとき威力を発揮するのが観光タクシーです。現地の交通事情をよく分かっているドライバーに運転を任せることで、効率的な観光をすることが可能になります。タクシーの運転手は人気観光スポットはもちろん、口コミや穴場情報にも詳しいものです。地元の人ならではの情報が得られるので、予定した以上に旅を満喫することができるでしょう。荷物は車に積んでおけるため、手ぶらで観光を楽しむことができます。料金も定額制のため、追加料金を気にすることなく気軽に行きたいところへ立ち寄ることができるのもメリットです。

観光タクシーは送迎や冠婚葬祭の移動など短時間の利用にも便利です。出張など特に時間を有効に使いたいビジネスの現場では、「時間を買う」という発想も必要です。公共交通機関に比べて多少は割高であっても、地元の交通事情に詳しいドライバーなら、予定の時間で確実に目的の場所まで運んでくれます。予約しておけば決められた時間と場所にドライバーが待機しているので、すぐに行動を始めることができ、料金もあらかじめ決められているためメーターを気にする必要がありません。自分の移動はもちろん、大切なクライアントや海外VIPの送迎などには、ハイヤータイプの観光タクシーも人気があります。

9名まで乗ることができるボックスタイプのジャンボタクシーは、結婚式から二次会への移動や法事など、冠婚葬祭の移動にも使えます。予約制なので移動もスムーズで、人数によっては一般タクシーより安く済むケースも多いです。親戚や気の合う友人同士で盛り上がったり、小さなお子さんがいる場合でも、気兼ねする必要はありません。プライベートな空間で移動できることも、観光タクシーならではのメリットです。

観光タクシーはバスと違い、乗降場所を複数設けられるため、ゴルフや長期旅行など荷物の多い場合にも便利です。それぞれの自宅や待ち合わせ場所を回りピックアップすれば、集合場所に行くために早朝から出かける必要もありません。

さらに、観光タクシーには車いすのまま乗ることのできる福祉車両もあります。そのため自家用車では移動が難しい車いすの方を観光タクシーで病院に連れて行く、といった利用も可能です。ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんの長寿のお祝いに、家族で旅行や観光に出かけるといった使い方もできます。ドライバーのサポートがあるので、家族の負担も少なく済み、高齢の方のペースに合わせた観光、旅行をすることが可能です。

このように、観光タクシーは効率を求められるビジネスシーンから、短時間での移動、観光や旅行、高齢者の通院まで、幅広いシーンで活用できます。この他にも、さまざまな利用方法が考えられるので、移動手段に迷ったら、まずは見積もりを取るところから始めてみましょう。

最新ニュース